個人輸入で生じたトラブルは自己責任

個人輸入は、業者が間にはいることなく海外から直接個人が物を仕入れることをいいます。
海外から、直接商品を持ち込むことも含みます円の価値が変動するので、時によってはかなりお得に海外の商品を手に入れることが出来ます。
個人輸入では、業者が介入しない分をすべて自分の力で行っていく必要があります。
書類なども、当然の事ながらすべて外国語でかかれています。
訳してくれる人はいないので、多少の語学力が必要になります。
個人輸入をする人が増えてきた証拠なのか、最近は個人輸入で生じたトラブルについて耳にすることがあります。
トラブルがあっても、基本的には自己責任です。
個人輸入で生じたトラブルのなかで、「頼んでいた商品と違う物が届いた」というのはたまにあるみたいです。
それを、やり取りするのも全て外国語です。
外国語に自信のない人は、個人輸入には怖気づいてしまいそうです。
個人輸入で生じやトラブルには、健康被害もあげられます。
日本では使用が禁止されている成分が、海外では入っていることがあります。
それを個人輸入を行えば簡単に手にすることができます。
それを口に入れてしまうと、危険な場合があります。
他にも、値段の事や税金の事などトラブルは沢山あります。